遺族の負担が軽くなる家族葬

葬儀はたくさんの人が参列すればするほど良いというものではありません。

故人をお見送りしたいと考える人がたくさんいるのは有難いことですが、場合によっては故人を亡くしてしまったばかりの遺族のストレスになってしまうこともあります。そこで近年では静かにお見送りをしたい場合に家族葬が推奨されています。


家族葬は故人の家族や近い親族、稀に故人と親しかった友人などが参列する小規模な葬儀です。

会社の関係者や知人、近所の人を呼ぶ比較的に中規模だと言える一般葬とは異なって、故人の家族への負担が少ないと言えます。



家族以外の人があまりに多いと、受付や挨拶だけではなく細やかな気配りなどが必要となり、故人を亡くしたばかりで精神的にも参ってしまっている遺族に大きな負担をかけてしまう可能性があります。

基本的に家族葬は家族で行うもので、家族以外の人が参加するとしても膨大な数ではありません。
そのぶん気配りの負担などが軽減され、少しでも多くの時間を故人と向き合う時間に使うことが出来ます。家族以外の前では故人が亡くなった悲しみを抑え込んでしまう人も多いのですが、家族だけであれば安心して悲しみも受け入れることが出来ます。

YOMIURI ONLINEが最近こちらで話題になりました。

家族葬には残された家族に負担がかからないという利点がありますが、故人の関係者に対するフォローも必要です。


たとえ参列してもらわないとしても故人が亡くなった報告はしなければなりませんし、もし希望があれば遺族の精神が落ち着いてからでよいので故人とお別れをするための会などを開く必要もあります。



周りの人のことを蔑にせず、家族だけの葬儀を進めることが大切だと言えます。