家族葬を行う際に気を付けなくてはいけない事とは

葬儀は本来、故人と家族との別れ、故人と社会的な関係者との別れ、そして、習俗や宗教上のこの世との別れという、3つの別れが含まれていると言われています。


一般的なお葬式の優先順位は、社会的な別れと宗教上の別れが優先されてしまい、家族や親族との別れは、どうしても後回しにされてしまいがちです。
そこで、遺族だけによる葬儀を行うのが家族葬です。家族葬を執り行う際には、気を付けなくてはいけないポイントがあります。



それは、家族だけで執り行うために、きちんと事前に親族に話をして、理解をしてもらわないと、後々トラブルになる可能性があるという事です。また、参列者へのおもてなしは必要ありませんので、葬儀社にお願いをする際には、受付や会葬返礼品は必要ないという話もしっかりと伝えておきましょう。

家族葬のメリットは、しめやかに故人を偲び、心のこもったアットホームな葬儀を執り行う事が出来るという事です。


また、予算的にも、一般的な葬儀をお願いするよりも、はるかに値段を抑える事が出来ますので、急な逝去でお金の準備が無いといった場合にも、安心して葬儀を執り行う事が出来ます。

日本経済新聞情報は初心者にも分かりやすいです。

また、形式に振り回される事無く、故人や遺族の考えに沿って、相応しい形で故人との別れを偲ぶ事が出来るでしょう。

とは言え、やはり社会的な関係者や親族との関係が希薄になるのは避けたいと考える人も中にはいます。


そう言った時には、家族葬が終わった後に、偲ぶ会などを開いて、社会的な別れに対応するようにしましょう。